セメダインに関する暇つぶし用どうでもいい話。

セメダインに関する暇つぶし用どうでもいい話。

セメダイン画像

「セメダインC」の「C」の意味。

模型製作の時などによくお世話になったセメダイン、当時からちょろっと気にはなっていたのだがこのセメダインという商品名の一番最後に“C”というローマ字が一文字ついているのはなぜなのかというところだ。

 

調べてみると結構単純な話ではあったのだが、このセメダインの創業者である今村善次郎という方が大正時代に外国製ばかりであった接着剤を国産品として開発し発売したのが「セメダインA」であった。
殆どネタバレしてしまったが、この当時のセメダインAは外国製の商品と同じように耐水性と耐熱性があまりなく接着剤としての性能はあまり高くないものだった。
そこで今村はさらに開発を進め「セメダインB」を開発するのだが、このセメダインBの出来がすこぶる悪かったようで発売には至らず、さらに開発を進めてようやく納得が出来るものが出来上がったのが、三代目のセメダインとなる「セメダインC」であるというわけだ。
いまわれわれが日常使っている瞬間接着剤は開発者の努力が詰まった三代目のセメダインなのである。

 

セメダインは造語!

薬品系の商品にはその薬品使われている成分の名前がそのまま商品名になっているケースなどが多いが、このセメダインのもそうだと思ったら大間違いなのだ。
このセメダインという言葉は、結合剤である「セメント」という言葉と力の単位である「ダイン」という言葉をつなぎ合わせて作られた造語である。
もちろん開発者である今村善次郎氏が考案したものだあると考えられる。

 

瞬間接着剤も造語だった。

今村善次郎という人は商売にかけて言葉の重要性を良くわかっていた人物なのかもしれない。
今でこそ一般的に使われている「接着剤」という言葉であるが、セメダインが発売された当時にはこのような「接着剤」という言葉は一般的ではなく「結合剤」や「こう着剤」という言葉が使われていたようだ。
このような言葉はおもに職人などの一部の人によって使われており、一般の人にとってはそもそも接着剤を使用することは身近な事ではなかったようだ。
開発を進めて非常に良い接着剤「セメダインC」を作り出した今村であったが、いかにいいモノであっても一部の人しか使わないという状況であれば販路の拡大にも限界が来る。
販路を拡大していくには一部の職人にのみ使用されるのでは無く、広く一般的に使用されるようにならなければならないと考えた今村はその販売戦略として「モノを“接”して“着”ける“剤”」という一目その名前を見ればどのような用途のモノなのかという言葉を作り出し広告に使ったのだ。
こいつが大当たりして今の一般的な言葉として定着していったというわけだ。

 

ただこの話は諸説ある中の一つなので真相は他にあるかもしれないという事を言付けしておく。

 

 

 

どうだろう、5分くらいは暇つぶしできただろうか。

 


5分暇つぶし用雑学の話かてごり〜に戻る

暇つぶし雑学ブログ トップページに戻る


↓↓他の雑学も見て暇つぶしてみますか?↓↓


全暇つぶし雑学一覧

 

スポンサードリンク


 

セメダインに関する暇つぶし用どうでもいい話。暇つぶしにコチラもどうですか?

甲子園のどうでもいい雑学の話ネタ
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
西郷隆盛のどうでもいい雑学の話ネタ
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
サンタクロースにまつわるどうでもいい雑学の話。
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
タバコに関するどうでもいい雑学の話
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
進水式に関するどうでもいい雑学の話。
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
新幹線に関する雑学のどうでもいい話
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
髭に関するどうでもいい雑学の話
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
マリーアントワネットに関するどうでもいい雑学の話。
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
歌舞伎町に関するどうでもいい雑学の話。
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
すき焼きは鍋なのか?
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
コアラの赤ちゃんの主食は“うんち”
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
電話で「もしもし」の語源は何?暇つぶし雑学。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
カツオ(鰹)に関する雑学3発!
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
月にも地震はあるのか?
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
ツナ缶とシーチキンの違いは。暇つぶし雑学。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
「お台場」の地名の由来は。他、暇つぶし雑学。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
クリスマスに関する雑学|暇つぶし雑学。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
競走馬の名前にある制限。|暇つぶし雑学。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
国道の番号は格下げや格上げがあり得る。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?