サンタクロースにまつわるどうでもいい雑学の話。

サンタクロースにまつわるどうでもいい雑学の話。

サンタさん雑学画像

サンタクロースのモデルは…

結構有名な話かもしれないが、クリスマスの象徴たるサンタクロースのモデルになったのは当時アメリカ大陸に移住してきたオランダ人たちが移住先の当時のニューヨークの守護聖人として自分たちの故郷であるアムステルダムの守護聖人であるセント・ニコラウスをそのまま祭り上げたことに始まる。

 

サンタクロースはトルコ人!

グリーンランドなど寒い地域の人であるというイメージのあるサンタクロースであるが、実際にはこのサンタクロースは実際にはトルコ人なのだ。
というのも、上記のセント・ニコラウスさんであるがこの人物実在の人物で、4世紀頃にトルコ(当時の東ローマ帝国)で活躍した司教なのだ。
故に、オリジナルのサンタクロースはトルコの人なのです。

 

サンタクロースの語源はオランダ語。

またまたセント・ニコラウスさんの登場だが、この「セント・ニコラウス」はオランダ語では「シンタクラース」という。
この「シンタクラース」が訛って現在のサンタクロースになったというわけだ。

 

サンタが煙突から入ってきて靴下にプレゼントを入れるのはなぜか?

もはや「サンタクロース」と入力するのが面倒になってきたのでここからは省略して書いていこう。
さてさて、サンタさんというとクリスマスに煙突から入ってきてベットの靴下にプレゼントを置いていくというのが一般的なイメージだと思うが(最近のサンタはサッシを開けて入ってくるが…)、このような方法を取ってプレゼントを置いていくという流れが出来たのにもセント・ニコラウスさんが関係している。
司教をしていた彼であるが、その自分が面倒を見ている地域には父親1人小さな娘3人という(諸説あり)それはそれは貧しい暮らしをしている家族がいることを知り、心を痛めていたという。
そこで彼はある夜こっそりとその貧しい家族が暮らす家に行き、気づかれないように煙突から金貨(追記:金塊という説もあるようです)を投げ入れたところたまたま暖炉で干していた靴下の中にその金貨が入ってしまったという伝説がある。
この伝説が後々クリスマスに父親が子供にプレゼントを渡すという習慣が出来たときに引っ付いてクリスマスにはサンタが煙突から入ってきて靴下にプレゼントを入れるという流れが出来たようだ。

 

因みに現在のサンタクロースはグリーンランドで行われている国際サンタクロース認定試験に合格した人だけが本物であってその他のお父さんサンタはすべて偽物である。
このサンタクロース試験は「英語でのスピーチ試験」「煙突からの家屋侵入実技試験」「サンタ公用語発声試験」などを突破しなければならず結構難しそうだ。
まぁ、そこまでして合格したいとも思わないが……。

 


5分暇つぶし用雑学の話かてごり〜に戻る

暇つぶし雑学ブログ トップページに戻る


↓↓他の雑学も見て暇つぶしてみますか?↓↓


全暇つぶし雑学一覧

 

スポンサードリンク


 

サンタクロースにまつわるどうでもいい雑学の話。暇つぶしにコチラもどうですか?

甲子園のどうでもいい雑学の話ネタ
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
西郷隆盛のどうでもいい雑学の話ネタ
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
タバコに関するどうでもいい雑学の話
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
進水式に関するどうでもいい雑学の話。
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
新幹線に関する雑学のどうでもいい話
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
髭に関するどうでもいい雑学の話
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
マリーアントワネットに関するどうでもいい雑学の話。
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
歌舞伎町に関するどうでもいい雑学の話。
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
セメダインに関する暇つぶし用どうでもいい話。
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
すき焼きは鍋なのか?
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
コアラの赤ちゃんの主食は“うんち”
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
電話で「もしもし」の語源は何?暇つぶし雑学。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
カツオ(鰹)に関する雑学3発!
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
月にも地震はあるのか?
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
ツナ缶とシーチキンの違いは。暇つぶし雑学。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
「お台場」の地名の由来は。他、暇つぶし雑学。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
クリスマスに関する雑学|暇つぶし雑学。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
競走馬の名前にある制限。|暇つぶし雑学。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
国道の番号は格下げや格上げがあり得る。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?