新幹線に関する雑学のどうでもいい話

新幹線に関する雑学のどうでもいい話

新幹線雑学画像

新幹線は英語でも「シンカンセン」

最高時速500kmを誇るとされるリニアモーターカーが注目を集めている昨今であるが、日本の高速列車の製造技術というモノは世界的にもトップクラスの水準を誇っている。
その世界トップクラスの製造技術で製造された日本で運行されている高速列車と言えば皆さんおなじみの新幹線であるがこの新幹線、英語でも「シンカンセン(Shinkansen)」で通じてしまうほど有名な列車であることをご存知であろうか。
シンカンセン(Shinkansen)が世界共通語となったのは1964年に開催された東京オリンピック前後の事で、当時日本は高度成長期真っ只中。
そのころの日本は東京オリンピックの招致が決定したのだがオリンピック開催前の日本には鉄道インフラの不備という大問題があった。
そこで出てきたのが「東海道新幹線構想」なのだが、この構想が当時の世界中を驚かせるものであった。
当時の世界最速高速列車を製造していたのは今もなお高い技術力を持っているフランスだったのだが、当時のフランスが運行させていた高速列車の最高時速は170キロ程度。
それなのに当時先進国でも何でもない日本がフランスのお株を奪う最高時速200kmの高速列車構想を発表したのだから「ガイコクジンミンナオドロイチャッタヨ」なのである。
もちろん最初のころは「ニホンジンニソンナノムリデショ」だったのだが、1959年の建設着工から3年の間にあれよあれよと目標を達成する可能性を見せつつ1962年の試運転時には「ニホンジンニソンナノムリデショ」だった当時の世界最高時速200kmをあっさり達成。
オリンピックイヤーには前線レールを開通し試運転達成し10月には見事開通させた。
折り人ピックの開催もあり世界中から注目を集めていた日本がこんなことやらかしてしまったものだから世界は驚き「シンカンセンスゴイネ!」という空気が出来上がりそのままの日本語である“新幹線”が世界共通語である“Shinkansen”になったのである。

 

因みに、そのときの世界最速を踏みにじられてしまったおフランスであるが当時(何度も言ってもうしわかなくなるが)先進国でも何でもなかったジャポネーゼなんかに負けてしまって面目丸つぶれなわけで激怒プンプン丸なのは言うまでもないわけである。
とはいうものの、数字で負けてしまったものは数字で巻き返すしか無いわけで国の威信をかけてその後1981年に当時の最速高速列車“TGV”を開発・運行させ最高時速270kmを達成し世界最速の名を取り戻した。

 

だがその後、山陽新幹線の当時の最高時速300km達成など世界最速の名をかけた戦いは今もなお続いている。

 

PS:新幹線は確かに英語で“Shinkansen”なのであるが、高速列車という意味での英語はそうではない。
英語での高速列車は“The Superexpress”という表記が正しいだろう。

 


5分暇つぶし用雑学の話かてごり〜に戻る

暇つぶし雑学ブログ トップページに戻る


↓↓他の雑学も見て暇つぶしてみますか?↓↓


全暇つぶし雑学一覧

 

スポンサードリンク


 

新幹線に関する雑学のどうでもいい話暇つぶしにコチラもどうですか?

甲子園のどうでもいい雑学の話ネタ
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
西郷隆盛のどうでもいい雑学の話ネタ
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
サンタクロースにまつわるどうでもいい雑学の話。
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
タバコに関するどうでもいい雑学の話
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
進水式に関するどうでもいい雑学の話。
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
髭に関するどうでもいい雑学の話
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
マリーアントワネットに関するどうでもいい雑学の話。
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
歌舞伎町に関するどうでもいい雑学の話。
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
セメダインに関する暇つぶし用どうでもいい話。
どうでもいい雑学の話というのは暇つぶしにはちょうどいいものです。話のネタとして使ってもよし、ただ暇つぶしに使うもよし。知らなかったとしても人生に何も影響を与えないどうでもいい雑学の話を集めてみました。私も暇ですね…。
すき焼きは鍋なのか?
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
コアラの赤ちゃんの主食は“うんち”
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
電話で「もしもし」の語源は何?暇つぶし雑学。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
カツオ(鰹)に関する雑学3発!
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
月にも地震はあるのか?
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
ツナ缶とシーチキンの違いは。暇つぶし雑学。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
「お台場」の地名の由来は。他、暇つぶし雑学。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
クリスマスに関する雑学|暇つぶし雑学。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
競走馬の名前にある制限。|暇つぶし雑学。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?
国道の番号は格下げや格上げがあり得る。
割り下を使用して甘辛い汁の中で泳がせた極上の肉を溶き卵をまとわせて食べる極上の食“すき焼き”だが、もともとは肉を焼いて食べるものだった。さてこのすき焼き“鍋料理”なのか?それとも“焼き料理”なのか?