1分あれば読める暇つぶし用どうでもいい雑学の話

1分あれば読める暇つぶし用どうでもいい雑学の話

一つの話題に対して1ページ分の使うにはもったいないが、ネタとしては成立するであろう雑学のどうでもいい話を集めたまとめページ集です。
どのページのネタも1ページの中に5ネタほどを詰め込んでありますのでちょっとした時間の暇つぶしにはちょうどいいサイズで読み捨てるのはいい感じのネタばかりです。
全文がかなり短いものが多いので内容の濃さという部分では薄いモノになっていますが、1・2分の暇つぶしに使うにはちょうどいいかもしれませんし、話のきっかけを作るにはちょうどいいネタなのども中にはあるのでネタ帳としてご利用いただいても構いません。
雑学ネタは自分が思いついた順にこれと言って系列づけて書いてはいませんので適当にご自身で選らんで読んでいってください。
それでは、下のページ一覧の中からお好きなページを選んで暇つぶしでもしていってくださいな。

 

どうでもいい雑学の超小話、読みっぱなしOK!

 

子持ち昆布の卵はニシンの卵、他暇つぶし用雑学。
SOSは何の略?他どうでもいい雑学の話。
海がないのに海軍がある国、他雑学小話
上野動物園はかつて映画館があった!他、暇つぶし雑学。
うさぎはさみしいと死んじゃうは嘘!他、暇つぶし雑学。
消しゴムの紙ケースの意味、他。|暇つぶし雑学。
ソープ(石鹸)の語源はサポーの丘、他。|暇つぶし雑学。
クオーツとはいったい何なのか?他|暇つぶし雑学。
お賽銭に税金はかかるのか。他、暇つぶし雑学。
爪の付け根の白い部分の名前。他、暇つぶし雑学。
サンドイッチの語源。他、暇つぶし雑学。
食用アンコウほぼメス。他、暇つぶし雑学。
板垣死すとも自由死せず、とは言ってない。他、雑学。
ウインカーの点滅回数は毎分何回なのか。他雑学。
ダウンとフェザーの違いは。他、暇つぶし雑学。
オリンピックの雑学4連発。

教習所は転校できるのか?他、暇つぶし雑学。
空港と飛行場の違いはなんなのか。他、暇つぶし雑学
テナール・ブルーの名前の由来。他、暇つぶし雑学。
地球が動く(自転・公転)速度はどのくらい?他、暇つぶし雑学。
腐ったような匂いの花がある。他、暇つぶし雑学。
たんこぶの中身はなんなのか。他、暇つぶし雑学。
毛づくろい中のサルが食べてるものは何?他、暇つぶし雑学。
日本人は昔みんなノーパンだった。他、暇つぶし雑学。
辞典と事典の違いは何のか。他、暇つぶし雑学。
全部1円玉で支払いは可能なのか?他、暇つぶし雑学。
「そうめん」と「ひやむぎ」の違いとは。

 

 

暇つぶし雑学ブログ トップページに戻る

↓↓他の雑学も見て暇つぶしてみますか?↓↓


全暇つぶし雑学一覧

 

スポンサードリンク


 

1分あれば読める暇つぶし用どうでもいい雑学の話記事一覧

子持ち昆布の卵はニシンの卵。お正月のおせち料理などに登場する子持ち昆布についている卵はもちろん昆布の卵などではなく、昆布にニシンが産卵して着いたモノである。魚のニシンは昆布などの海藻にびっしりと卵を産み付ける習性があり、その卵かびっしりと産み付けられた昆布を調理したものが子持ち昆布としてお正月の食卓に並ぶことになる。蚊の上昇限界はビルの2・3階が限界。蚊は1秒間に520回程度の羽ばたきを行い飛行し...

SOSは何の略なのか?救難信号として誰でも知っている3文字「SOS」であるが、このSOSが一体何の略なのかを知っている人は意外にも少ないのではないだろうか。それもそのはず、SOSというのは救難信号として世界共通の意味で統一はされているもののなぜこの3文字が採用されたのかを示す根拠らしい資料はどこにもないのだ。有力な説としては「Save Our Ship(私たちの船を助けて!)」という英文があるが、...

海がないのに海軍?南米の周囲を陸続きの他国に囲まれたボリビア共和国という国がある。もちろんこの国には海に接している国土は無いのだが、なんとこのボリビア共和国には海軍があるのだ。なぜこの内陸地しか持たないボリビア共和国に海軍があるのかというと、本当は元々太平洋沿岸部まで国土があった国なのだがその海と接している部分の国土を隣国のチリと戦争によって領土としての権利を争うことになってしまったのだ。その戦争...

映画館だった上野動物公園。正式名称「東京都恩賜(おんし)上野動物公園」は1882年(明治15年)の発足した日本初の動物園であるが、第二次世界大戦中に「空襲により大型動物が逃げ出す恐れがある」という理由から(深刻なエサ不足の影響もあるが)札処分などが実施されほとんどの動物がいない状態となっていた。終戦後、復興の最中上野動物園でも新たに動物の飼育を開始するとともに動物以外にも目玉となる施設の企画がなさ...

うさぎはさみしくても死なない。構ってくださいという意思表示をうさぎがさみしいと死んでしまうというとんでもないデマを使って比ゆ的に表現しようとする女性が稀にいらっしゃるが、実はウサギはさみしくても死んでしまうようなことは無い。これは封つに考えていただければわかると思うが、通常哺乳類の動物が自分自身が抱く感情で生死を分けるような状態にはならない。脳というモノは人間でも動物でも同じで以下にしっかりと生き...

消しゴムの紙ケースの意味。筆記用具の代名詞と言ってもいい消しゴム。小学生の頃などにカッターナイフなどで削ってハンコなどを作った経験がある方もいるのではないだろうか。この消しゴムであるが、市販されているモノには大抵紙製のケースが付いていることがある。この紙ケースは商品としての見た目をよくする効果があるほかにある重要な役割があったのだ。消しゴムの中には可塑剤(カソザイ)と呼ばれるプラスチック製品を柔ら...

ソープ(石鹸)の語源。ノロウイルスなど手洗いの重要性を叫ばれることが多くなった昨今であるが、そのような手洗いなどで使用する石鹸(ソープ)であるがこのソープという名の語源についてここでは書いていきたい。この“ソープ”の語源を知るには、はるか昔のローマ時代にさかのぼることとなる。かつてのローマではサポーと呼ばれる丘で(おそらく儀式的なものだったのであろう)神にささげる羊の肉を焼くことがあった。羊の肉を...

クオーツとはなんなのか?電池式時計の機動部分として知られているクオーツであるが、そのクオーツの原材料がなんなのかを知っているだろうか?実はこのクオーツとは水晶のことなのである。水晶は電圧を加えると外形が変化し、その反対に外から圧力を加えると電圧が発生する電圧体と呼ばれる物質で、この電圧体は交流電圧をかけると一定の周期で規則正しく振動する性質がある。この性質を利用して時計の軌道部分として使用されてい...

お賽銭に税金はかかるのか。宗教法人であるお寺などには全く税金を払う義務がないと思っている人も居るかもしれないがそれは大きな間違いである。如何に宗教法人だからと言っても“宗教活動以外で稼いだ金銭には税金がかかってくる”のである。専門的な話になってしまうのでここから先は税理士さんにでも聞いてほしいが、簡単に税金がかかるのかどうかを判断する基準としてか“営業利益”なのか“お布施”なのかを判断の基準にして...

爪の付け根の白い部分は“爪半月”爪の付け根の白い部分の名前をご存じだろうか、あの部分の名前は「爪半月(つめはんげつ)」または「ネイルマトリクス」と呼ぶ。人間の体というモノは、本当に隅々まで名前が付けられているモノだ。因みにこの爪半月の大小や有る無しが健康のバロメーターであるなどという俗説があるが、これは医学的に見て間違いと言えるという事だ。この爪半月の大きさは年齢や個人差などによってかなり差がある...

サンドイッチの語源は博打好きの伯爵。野菜や肉などをパンにはさんで食する料理サンドイッチ。今ではコンビニなどでも欠かすことができない一般的に人気がある料理であるが、このサンドイッチという名前の由来が肉や野菜などをサンドするところからきていると思っている人も多いのではないのだろうか。じつはそれは間違いで、このサンドイッチという名前の由来はとある博打好きの伯爵の名前からきてるのだ。時は18世紀後半、海軍...

あんこう鍋のアンコウは雌ばっかり。鍋で身を食してもよし、その肝も珍味として人気がある魚“あんこう”であるが、実は食用として用いられているアンコウはほぼメスであることをご存じだろうか。この理由は非常に単純なもので、オスのアンコウというのは非常に体が小さいため食べるところがあまりないことが理由となっている。アンコウのオスは、非常に小さいものだとメスのアンコウの20分の1程度の大きさしかない。これでは食...

板垣退助は実はなんも言っていない。「板垣死すとも自由は死せず」という名言が有名ではあるが、実はこの言葉は板垣自身が言ったものではなく側近が事件後にとって付けた言葉である可能性が高いようだ。その詳細を以下に書く。板垣退助は自由民権運動のリーダーとなり四民平等を基本にした立憲政体の樹立など自由主義を前面にだして活動していた政治家だったのだが、当時それが気に食わない人物などもそれなりの数いたようだ。事の...

ウインカーの点滅回数は毎分60〜120回程度。車などがどちらかに曲がる際に点灯させること義務づけられているオレンジ色の光を放つウインカーであるが、あれは1分間にどの程度点滅しているのか気になったことは無いであろうか。同じメーカーの車両であっても若干の点滅速度の違いはあるが、あの点滅の速度は一分間に60回〜120回の範囲に収まるように規則で決まっている。よって、通常一般道を走っている車などのウインカ...

ダウンとフェザーの違い。洋服や布団などの中材料として使用されることがある羽毛であるが、この羽毛には「ダウン」と「フェザー」という2種類のものが存在する。これは呼び方がかっこよいかどうかというようなあいまいな理由で呼び分けられているわけでは無く、キチッとした違いがあるのだ。フェザーとは日本語に直すと“真羽”となり、羽ペンや赤い羽根募金の時にもらえるようなしっかりとした羽の形をしたものの事を指す言葉だ...

オリンピックの語源は「丘」。オリンピックの起源は紀元前9世紀ごろまでさかのぼる古代ギリシャだ。このころのオリンピックは「オリュンポスの丘」という場所で行われていたお祭りの一つだった。当時のオリンピックは神を崇める4大祭典儀式の一つであり、オリュンポスの丘から名前を取ったオリンピア祭のほかにネメア祭、ピュティア祭、イストミア祭とそれぞれ違う神様を崇めるためにお祭りがおこなわれていた。だが、この中のオ...

教習所は転校できるのか?ふとした疑問から調べることとなって初めて知ったのだが、自動車教習所は「指定自動車教習所間であれば転校は可能」という事だそうだ。日本にある教習所はほとんど公安委員会からの指定を受けた指定自動車教習所となっているのでたいていの教習所には転校することが出来ることになる。もちろん転校前の受講履歴などもしっかりと引き継がれるので、一度受講し合格した授業は転校先でもう一度受講する必要は...

空港と飛行場の違いはなんなのか。言葉の違いは分かるが、具体的のどう違うのかという事を問われると明確な答えを出しにくい「空港」と「飛行場」。この二つの飛行機が離着陸をする場所の違いはなんなのか。その答えは航空法と空港整備法という法律の中にある。この法律の中に書かれていることを要約すると、”空港”とは一般の人々が利用することが可能であるという公共性があるともに、乗継や他の交通機関へアクセスすることが出...

テナール・ブルーの由来は発見者の名前。コバルト・ブルーという名前の方が有名かもしれない、気持ち緑がかった青色であるテナール・ブルーであるが、この青色の名前の由来となっているのは輝コバルト鉱からアルミン酸コバルトを発見した”テナール氏”からきている。コバルトブルーと呼ばれるゆえんは言うまでも無いはずだ。紺碧はクレオパトラ。深みがある濃い青色の事を英語では”クレオパトラ”と呼ばれていることを知っていた...

地球が動く(自転・公転)速度はどのくらいなのか理科の授業でも習ったとは思うが、我々が住んでいる惑星である地球は銀河系と呼ばれる渦巻の星の群のなかの太陽系に属していて、太陽の周りをぐるぐるとまわる「公転」と自らの惑星自体がぐるぐるとまわり続ける「自転」を行っている。では、この自転と公転の具体的な速さを知っているだろうか。実はものすごい速さで回転しているのだ。先ずは自転の方、地球自体がぐるぐるとまわる...

腐った臭いがする花がある。金木犀やバラなど花のにおいと言えば香水などにも利用される良い匂いを出すものというイメージがあるが、実は鼻が曲がってしまうほど強烈な臭いにおいを発する花も存在するのだ。臭い花一つ目は「クロユリ」だ、高山に咲く黒い色の可愛らしい花なのであるがその花の匂いは肉が腐ったような強烈な悪臭を放つのだ。当然そのような花なので寄ってくる虫たちと言えばハエばかりだという。もう一つ上げると、...

タンコブの中身は?たんこぶの中身には何が入っているのか気になったことは無いだろうか?たんこぶには大きく分けて2種類あるが、それぞれ少々中身が違ってくるのでわけて説明しようと思う。先ずは、肌色をしたたんこぶであるが、こちらの中身はリンパ液や血清が主な成分となっており比較的すぐに体内に吸収されてたんこぶが引いていく。もう一つは赤紫色をしたたんこぶなのであるが、こちらの中身は内出血で出てきてしまった血液...

毛づくろい中のサルが食べているモノ。動物園などのサル山のサルを見ていると毛づくろいを受けている猿が気持ちよさそうにしている反面、毛づくろいをしているほうのサルは何やらもぞもぞと口に運んで食べているように見える。ノミでも食べているのだろうと思いきや実際にはそうではないらしいのだ。実はあの猿同士の毛づくろい行動は「グルーミング」と呼ばれる動作で、比較的頭がいいサルなどにみられる行動で一種の愛情表現の方...

日本人が下着を付けるようになったのは何時か?男性でも昨今は下着のオシャレに余念がないほどに私たちの生活の中に溶け込んでいる下着たちであるが、そもそも和服を基本とした服飾文化を持っていた日本人は下着を着るという文化は無かったのだ。江戸時代はもちろん明治大正の時代であってもノーパンは日本人のスタンダードだったのだ。ではいつごろから下着を着ることが普通の事となってきたのかというと一説には昭和7年の日本橋...

辞典と事典の違いについて。さて、似て非なるものシリーズの辞典と事典バージョンだ。先ずは「辞典」の方であるが、これは言葉を一つの基準に沿って整理したり配列してその意味や用法・語源等をしるしたものを言う。英語辞典や国語辞典などが代表選手で、受験勉強などのお供となることが多いのが辞典の方だ。次に「事典」であるが、こちらはある事柄についての総合的な解説をすることを目的として作られるもので、文字だけでなく図...

1円玉だけで会計をできる限界は?かなり迷惑な方法であるが、たとえば1円玉だけで100円程度の会計を済ませることは可能なのであろうか。この疑問に答える一つの法律がある。「通貨の単位および貨幣の発行等に関する法律」という法律なのであるが、その7条に、『貨幣は、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する。』という規定があるのだ。つまり、硬貨である〇〇円玉などは上限20枚までは使うことが出来るが、それ...

そうめんと冷麦の違いについて。ツルツルとしたのど越しが夏に程よくのどを潤してくれるそうめん。これと似た物にひやむぎというモノがあるが、どちらも小麦粉と少量の塩と水を混ぜ合わせ細い綿状にしたものであるが傍使徒見た目にはほとんど同じこのそうめんと冷麦にはどのような違いがあるのだろうか。これは色々と説はあるのだが、現在ではJAS規格というモノでしっかりとした基準が出来ている。この規格によるとひやむぎとそ...

早速だが正解を言ってしまう。画像はアマゾンから拝借したがこの、釣った魚に口から通してエラ部分で抜き取りクリップ上の金具で逃げれないようにして海に放す道具の名前は「ストリンガー」という。出典Amazon※アマゾンへのリンク画像を使用しています。この道具を使うことによって生きたまま海に釣った魚を放つことができるので釣りをしている間中魚が死ぬことはなくクーラーBOXなどを使用することなく新鮮な状態をキー...